ルーブル美術館

世界で最も偉大な美術館の一つと評されるルーブル美術館。『マルリーの馬』からレオナルド・ダ・ヴィンチの『モナリザ』までの充実したコレクションやその歴史を発見する旅へ皆様をご案内いたします。

X
Book your stay
1 大人
0-11才
0-3 才
12才未満のお子様の手数料無料
すべての情報に関しては
レセプションにお問い合わせください
+33 (0)1 47 03 61 61 Coût des appels locaux
l'hôtel brighton le musée du louvre

 『モナ・リザ』、『メデューズ号の筏』、『サモトラケのニケ』、『ミロのヴィーナス』などの名品を収蔵するパリ最大の美術館。美術館になる前は元々要塞として建設され、その後フランス王の住居として使用された後、イオ・ミン・ペイのピラミッドと共に知られる現在の美術館になりました。

 

パレ・ロワイヤルからルーブル美術館へ

 ルーブル宮殿の歴史は中世、王フィリップ2世(尊厳王)が軍事要塞を建設したことに始まります。14世紀にシャルル5世が要塞を王宮に変え、百年戦争の間、ルーブル宮はロワール地方の城の為に歴代の王たちに見捨てられることとなります。ルーブルが再び住人を得るにはルネッサンス時代まで待たなければいけませんでした。フランソワ1世が宮殿の建設を決定し、カトリーヌ・ド・メディチがその建設から20年後に2番目の宮殿、チュイルリー宮殿建設に着手します。その後歴代の王はその2つの建物の調和を探し求めアンリ4世のもとでそれが完成します。ルイ13世とルイ14世の下でルイ・ルヴォ―、クロード・ペロ―、シャルル・ルブランがルーブル宮殿の拡張工事を行いました。結果的にはヴェルサイユ宮殿の登場によりルーブル宮の中庭は王の興味の対象からは外れてしまい、1793年に宮殿は過去の文明の美術品を展示する美術館となります。1871年に火災によりチュイルリー宮は焼失。この時よりルーブル宮は公園と直接つながることになり、ホテル ブライトンからもその眺めを見渡せるようになりました。おおよそ1世紀後に、フランソワ・ミッテラン大統領がイオ・ミン・ペイのガラスのピラミッドと共に建造物を近代化する「グラン・ルーブル計画」を開始しました。2003年にはルーブル美術館の地方への移住計画も形を成し、計画地はノール・パ・ド・カレ地方のランスとなりました。

美術館のコレクション

 ルーブル美術館は9つの部門で構成されています。美術館の代表作品の『ミロのヴィーナス』を含む古代文明(古代オリエント、イスラム美術、エジプト、ギリシャ、エトルリア、古代ローマ)彫刻部門としてはクストゥーの『マルリーの馬およびミケランジェロの2つの奴隷像などの作品を集めています。工芸品部門、素画・版画部門、ルーブルの歴史、アフリカ、東洋、オセアニア、アメリカ美術などの部門が後に続きます。そして絵画部門はニコラ・プッサン、ジョルジュ・ドゥ・ラ・トゥールの作品、見学者が後を絶たないレオナルド・ダ・ヴィンチの『モナ・リザ像などが展示されています。ホテルブライトンはルーブル美術館を見学するには最適なホテルです。

 

スタッフのイチオシ

ラプサント
改革的なコノテーションでフランス伝統料理をより価値あるものにするロスタン・ペール・エ・フィーユ監修のレストラン。
24, place du Marché Saint-Honoré - 75001 Paris
Tél : 01 49 26 90 04